トイレリフォームと7つの方法について

トイレリフォームと7つの方法について 古くなった便器を交換したり、ウォシュレットなど新しい機能の取り付けを行ったり、壁紙を張り替えたり、床材を違うものにするなど、トイレリフォームにもさまざまな方法があります。どの方法を選択するかはもちろん、リフォーム工事の費用がどのくらいかかるかも重要なポイントです。トイレは、家族全員が何度も使う場所です。よく使う場所だからこそ、気持ちよく利用できる空間にしたいものです。それなりに高額な費用がかかるからこそ、後悔しないために事前に必要な知識を有しておくことが大事です。

■トイレのリフォームの方法は大きく7つ

トイレリフォームの方法は便座交換や便器交換、ウォシュレットや手すりや手洗いの設置に加え、内装リフォームやスペースの拡張といった大きく7つに分けることができます。便座交換は汚れや割れの解消はもちろん、新たな機能を追加したい場合に行うのが基本となります。少ない費用で新たな機能を得られるのが特徴です。便器の交換においても利便性をさらに向上させることを念頭に置いた方がよいでしょう。ウォシュレットが壊れてしまった場合には交換が必要であり、どういった機能を有しているのかに注目しての選択をすべきです。手すりはバリアフリーの強化を考えるにあたって視野に入れた方がよいでしょう。手洗い場の設置によって水はねによる汚れの防止につながります。そして、内装リフォームやスペースの拡張は汚れや湿気に加え、ゆとりをもってトイレを利用できる理由となります。どういった方法を選択するかは人それぞれ異なるものの、本当に必要なものだけを選択することが肝心です。限られた予算のなかで最適なものにしましょう。

■面積が限られていることに注目
トイレリフォームを行うのはさらに快適な空間にするために効果的な方法ではあるものの、面積が限られていることを忘れてはいけません。限られたスペースをどのように活用するかが、大きなポイントです。圧迫感を感じる、あるいは開き戸の場合は開け閉めで不具合が起こらないようにしないといけません。スペースを拡張するのならまだしも、ほかの方法である場合は十分といえる空間の確保ができるかを確認するのが大切です。よりよい空間を求めたのに、利用しにくくなってしまっては本末転倒です。不便な点が出ないことを事前に確認したうえでの対応を心がけるようにしましょう。

■適した壁材や床材の選択

壁材や床材選びが重要であることはトイレリフォームの基本ともいえます。湿気やカビあるいは臭いや汚れがある場所であるため、これらに対応しての選択をするのが大切です。通常の壁材や床材の場合は劣化も早いため、交換時期を遅くすることも考慮した方がよいでしょう。トイレを汚すことが多い家庭である場合は、掃除のしやすさという点も考慮すべきです。耐水性に優れたものを選択すれば、それだけ掃除もしやすくなるものです。さまざまな要素を考慮しての選択をしないといけないのが難しい理由といえます。後に後悔しない選択をするためには先々の生活まで考慮しないといけません。失敗しないためには基本的なことを抑えながら、予算内でどれだけ希望に添っての対応ができるかを考えるのがおすすめです。

■まとめ
トイレリフォームの注目点と失敗しないためのポイントは、いたってシンプルです。基本的な要素を踏まえた上で、自分や家族が使う上で、もっとも必要だと思われる機能を選んでいくように心がけるのが基本で、できるだけ余計な費用をかけないようにすることも大切です。そして、先々を見据えての選択を行いましょう。家族の人数の増減、構成が変化したり、介護などで状況が変わったことによるトイレリフォームを行う場合ですと、なおのことです。何をもって失敗してしまうのかということを頭に入れての対応をすれば、後悔することは少なくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース